審美歯科で行われるホワイトニングの手順について

歯の着色汚れを取り除き、白く美しい口元にしたいという思いは、ホワイトニングによって実現が可能です。審美歯科で施術してもらえるホワイトニングは、どのような手順で行われるのでしょうか。

審美歯科審美歯科にて受けられるホワイトニングは、最初に口内のクリーニングから始まります。クリーニングでは、ホワイトニングの施術をする際に邪魔になる歯垢や歯石を取り除くことになります。なお、場合によってはクリーニングを2週間かけて行うケースもあります。次にホワイトニングへと移ります。ホワイトニングは歯茎の保護から始まり、保護が完了したらホワイトニングジェルを塗ることになります。ジェルが塗り終わった後は、歯に向けて光を照射していきます。光の照射回数は希望の色に合わせて決められます。回数が多ければ多いほど、より歯が白くなります。ジェルの塗布と光の照射が終わったら、最後にフッ素の塗布とチェックの段階へと移ります。口の中に異変は起きていないか、またしっかりとホワイトニングが完了しているかといった点をチェックして施術が完了します。

審美歯科にて行うホワイトニングの手順は以上となります。なお、歯科に足を運ぶことなくホワイトニングを行うことも可能です。いわゆるホームホワイトニングならば、診療を受けた後に帰宅し、自身のタイミングでホワイトニングの施術を行うことが可能です。それでは次に、ホームホワイトニングの特徴と注意事項について見ていきましょう。