着色汚れは最小限に抑えよう!

生活の中でも着色汚れについては最小限に抑えることについても注意しておくべきです。せっかくホワイトニングを行ったのに、すぐにまた歯が黄ばんでしまっては意味がありませんので、生活習慣についてもしっかり注意するように心掛けましょう。それでは最後に歯が黄ばんでしまう原因と解決策について見ていきましょう。

汚れ歯が黄ばんでしまう原因は、コーヒーやワインに含まれているステインや、タバコのヤニ汚れ、歯垢や歯石が歯にこびりついてしまうことなどが挙げられます。食事について言うならば、醤油やソース、ケチャップなどは酸性が強く、歯に色が付いてしまいやすいので要注意です。歯の白さを保つためには、日々の歯磨きにおいてホワイトニング用の歯磨き粉を使用するという方法が効果的です。なお、歯磨きは食事の直後に行うとエナメル質が削れてしまう恐れがありますので、できれば30分程度の時間を空けてから磨くように心掛けてください。歯の汚れは染み込んでしまうと、このようなケアだけでは落としきれません。審美歯科でのホワイトニングは染み込んだ汚れを落とす、歯磨きでは染み込む前の汚れを落とす、この2つを繰り返して白く健康な歯を手に入れてください。